三角枕シリーズ日本最大級のオンラインショップ、アジアンインテリア、リビング雑貨のリトルエイジアへようこそ。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
タイ国内線Air Asiaの機体

 

陸〜!!」バンコクから国内線で、約1時間。


リトルエイジアは、タイ東北・イサーン地方の三角枕村を目指してやってきました。


実はいまだ三角枕を作っている村には行ったことがなくてですね。
ぜひこの目で三角枕を作っているところを見てやろう!ということで来たのですが・・・、

街には三角枕屋はない。  みんなにジロジロ見られました。

三角枕屋なんてひとつもない。



あるのは、人々の暮らし。


そして人々の暮らし。



結構大きな町のはずなのに、外国人の姿は見当たらない。
英語表記の看板すらほぼない。。。

歩けばジロジロと人々の注目を浴びます。



はい、みんなガン見です。

間違いないなく中高生からもガン見られです。
そりゃ、うちら典型的な日本人顔ですけどね。 9割5分方、「こにちは」と声かけられますよ。

にしたって、この見られっぷりはちょっと動物園の動物になった気分です。


って、フラフラしている場合じゃない。

三角枕村を探さねば。

と、ツーリストインフォメーションでもらった観光用の地図で見つけてしまった

見覚えのあるこの絵。

 

三角枕の絵が書いてある!

「コテンチョー」:

む、この村のとこに三角枕の絵があるね。

「テンチョー」:

ぬ、そうだね。
こりゃ作ってるってことだよね。
行きかたの情報すらほとんどないけど、バスステーションに行けばなんとかなるっしょ。

明日はここに決定!

 

・・・疲れたし、メシでも食いますかぁ。

生バンドが演奏している、ちょっとにぎやかそうな店(というかほぼ食堂) に入ってみる。


正直、この辺まで来ると、ほぼオールタイ語だ。
ちょっと勉強してきたとはいえ、これはかなりきつい。
もちろん店員さんが来るが、タイ語しか通じない。


あたふたしていると、英語のメニューを持ってきてくれた。

注文すると、確認をしてくるのだが、これがタイ語。
わからないので、ハイハーイ、オッケー、オッケーです。
と、何が出てくるのかわからず、注文をしてみる。

 

とりあえず見渡してみると、なにやらみんな肉を焼いている。

どうやら焼肉屋なのかな。

と、待っていると、来ました来ました。

これまた不思議な料理。

 

鍋の真ん中が盛り上がって網状になっていて、ここで焼肉が焼ける。

周りはくぼんでいて、お湯をいれ、野菜を入れ、鍋にする。

これ、かなり画期的な鍋じゃない?

焼肉と鍋がひとつでできるんですよ!


鍋の真ん中で焼肉を焼きます。
かなりおいしい♪
で、これがうまい!
いやぁ、たらふく食って二人で800円くらいです。

バンコクや、北タイでは見ない料理なので、イサーン料理みたいですね。

っと、焼肉の話で終わるわけじゃありません。


こっからが出来事のはじまり。

 


一人の女の子の店員が、私達に興味を持ったらしく、しきりに話しかけてきます。

名前はDow(ダウ)。


もちろん、オールタイ語です。

 

テンチョーもカタコトのタイ語で応戦です。
よ、よかった。ちょっとは勉強してて。。。。


ジェスチャーも交えれば結構わかりあえるじゃん。

で、いろいろ話してるうちに、なんと明日一緒に三角枕村に行ってくれることになりました!!


細かな待ち合わせの相談なんかは、バンコク現地スタッフのタニットに電話で通訳してもらって、

なんとかかんとかピックアップトラックをチャーターしてくれるらしい、という話に。

ということで、翌日はDowの友達も交えて、4人で行くことになりました。

左の女の子がDow。
お店の子はみんなとてもフレンドリーでした。
お店の女の子達と。
さて、これからドキドキの三角枕村突入ストーリーへ。。。
第二章『目指せ!三角枕村』編へ
リトルエイジアTOPへ
リトルエイジアTOPページへ。
Copyright(C) 2005 Little Asia All Rights Reserved.
このページの画像、文章などを許可なく転載することを一切禁じます。

 


※買い物かごが使えない場合は、

メールでご注文|FAXでご注文

ページのTOPへ

リトルエイジアのTOPへ


くつろぎのタイ三角枕
アジアンインテリア・雑貨 リトルエイジア
リトルエイジアは、インターネットでのみ販売しております。
Email : mail@little-asia.com
Copyright(C) 2001-2006 Little Asia Global Co.,LTD. All Rights Reserved.